アサイーが「奇跡のフルーツ」と呼ばれる理由

アサイーはブラジル生まれのヤシ科の植物で先住民にとって貴重な栄養源だったものですが、非常に高い栄養価を持っている事から、ブラジルの奇跡やスーパーフルーツ、奇跡のフルーツなどと称されていて、最近美容やダイエットの分野で大きな注目を集めているようなのです。

アサイーの果実は1cm程度の小さいサイズでほとんどが硬い種で構成されているために可食部位は5%程度だと言われています。

これだけ小さなサイズの果実ですからなぜ奇跡のフルーツなどと称されているのか疑問に感じる方もいるかもしれませんが、それはアサイーが自生している場所に理由があると言われています。

アサイーが自生する場所は地球上で赤道の線にあたる部分なので強い紫外線や激しい雨に見舞われてしまうのです。

そのため厳しい環境で生き抜く生命力が蓄えられて奇跡のフルーツなどと称される高い栄養価を含むようになったのです。

その栄養成分についてですが、アサイーは老化予防に効果があるという事でよく知られているポリフェノールに関しては赤ワインの約30倍も含まれていると言われていますし、鉄分に関しても豊富に含むとされているレバーの約3倍も含まれていると言われています。

またミネラルやビタミン、カルシウムや食物繊維などの栄養素も豊富に含んでいる事から、十分な栄養補給が可能であったり便秘解消効果が期待できますし、抗酸力が強くアンチエイジング効果も期待できるので、近年ではダイエットに利用する人も増えているようです。

どんな植物?

アサイーという名前の植物をご存知ですか。名前は聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。アサイーとは、少し前から注目されている見た目はブルーベリーに似ているヤシ科の植物です。

ですが見た目が似ていてもブルーベリーとは違います。ブラジル原産で、果実は小さいですが栄養が豊富で、健康や美容にもいい成分を多く含んでいるといわれています。

注目されているのはその豊富な栄養で、ポリフェノールや食物繊維、カルシウム、鉄分などが多く含まれています。また、目にいいといわれる成分のアントシアニンも多く含んでいます。

アサイーには、目にいいとよく知られているブルーベリーよりも多くのアントシアニンが含まれているようです。なので目の疲れを感じやすい人や普段パソコンをよく使うという人も摂取したい食べ物ではないでしょうか。

アサイーの果実はこのように様々な豊富な栄養を含んでいて、抗酸化で美しい肌や老化防止といった美容によい成分だけでなく、食物繊維や丈夫な骨をつくるカルシウムや貧血になりやすい人にいい鉄分など、健康にもよい成分が多く含まれています。

また、ブラジルでは一般的でジュースとしてもよく飲まれています。このように体にいいと言われる栄養を多く含んだアサイーですが、果物が好きな人はアサイーを食べてみるのもいいかもしれません。

飲み物としても手軽に摂取することができるので、興味のある人は飲んでみてはどうでしょうか。

更新履歴

アサイー関連リンク集