抗酸化作用でアンチエイジング

アサイーの果実に豊富に含まれるポリフェノールは、体内で高い抗酸化作用を発揮し、人間の体内で大量に発生する活性酸素を取り除いてくれるので、アサイーを毎日積極的に摂取することで、美容と健康に様々な好影響が期待できます。

たとえば、紫外線やストレスなどに長期間晒されると、皮膚の細胞にも活性酸素が大量に発生するようになるので、その影響を受けて皮膚の細胞が酸化されてしまいます。

細胞が酸化されると細胞の活力が失われて細胞の機能低下が起こるので、皮膚の真皮層が硬くなって弾力が失われ、皮膚の新陳代謝機能も低下してしまいます。これがいわゆる「肌の老化」という状態で、こうなると肌のシミやシワ、たるみ、乾燥肌などに悩まされやすくなります。

アサイーに多量に含まれるポリフェノールには、「肌の老化」を原因となる活性酸素を取り除く抗酸化作用があるので、毎日積極的に食べることによってアンチエイジング効果が期待できるわけです。

一方、血管内で発生する活性酸素は、血液中のコレステロールや中性脂肪を酸化させて過酸化脂質をつくり、血流を悪化させるとともに、血管の細胞を酸化させて動脈硬化を進行させます。動脈硬化は、脳血管障害や心疾患などの重大疾患を招くので、抗酸化作用の高いアサイーを積極的に摂取することで、生活習慣病の予防効果も期待できます。

このように、ポリフェノールが豊富に含まれるアサイーは、毎日積極的に摂取することで体内で抗酸化作用を発揮し、美容と健康に有益な効果をもたらしてくれます。

なお、アサイーは非常に劣化しやすい果実ですが、近年は、収穫してすぐに冷凍保存した商品やフリーズドライの粉末を利用した健康食品などの食べやすい食品が販売されているので、こうした商品を上手く活用して積極的に食べましょう。