ホルモンバランスを整えてくれる

「アサイー」とは、ブラジル・アマゾンに生えている20mくらいの、ヤシ科の木になる果実で、1㎝ほどの小さい実です。アサイー・ベリーと呼ばれることもありますが、ベリー類ではないのです。もともと先住民の貴重な食料で、食べると自然治癒力や体力回復の効力により、最近注目されている植物です。実の95%は硬い種、残り5%に豊富な成分が含まれています。

栄養としては、何より、人間の体内では作ることが出来ない、しかし、不足すると、ニキビなどの皮膚症状がでたり、頭痛・疲労・体力不足になる「必須脂肪酸」である、「リノレン酸」と「オレイン酸」がバランスよく含まれており、ホルモンバランスを正常に戻してくれ、ストレスを軽減させてくれる働きがあります。

必須脂肪酸というのは、人間の細胞膜やホルモンをつくるのに、必要不可欠であり、2種類ともどちらかが不足しても、体の不調の原因となるので、2種類が含まれていることが重要なのです。

そして、さらに、抗酸化物質であるポリフェノールが多いので、疲れやすく老化しやすい現代人にとっては効果的であり、鉄分により貧血予防、食物繊維より便秘予防、カルシウムにより骨粗しょう症の予防になり、他にもアミノ酸・ビタミンC、B群など、美肌や眼精疲労・免疫回復など、栄養素がたっぷりの果実がアサイーなのです。

アサイーは、収穫して24時間で栄養がなくなってしまうので、輸出は困難といわれていましたが、現在では技術が進歩したせいでパウダー状にしたり、冷凍状態にすることによって、長時間の保存が可能になり、日本人の手に入りやすくなりました。素晴らしい栄養と、クセのない飲みやすさで、日常的に摂取しやすい植物でもあります。